【実録】交通事故で双方の言い分に食い違いが発生!こんな時はどう対処する?

交通事故の状況によっては、明確に「被害者」と「加害者」を分けられないケースがあることをご存知ですか?

例えば、信号無視によって車同士の衝突事故を起こした場合、片方は赤だったと言い張り、もう片方は青だったと言い張れば、どちらが加害者と被害者なのか、わからなくなってしまうんですね。

これがいわゆる、双方の言い分に食い違いが発生している事例です。

しかし、言い分に食い違いが発生している状態だと、示談交渉がうまくいきません。

過失割合をスムーズに算出することができなくなるため、通常の事故よりもストレスが大きくなってしまいます。

そこで今回は、私自身が実際に体験した、交通事故で双方の言い分が食い違ったケースの対処法をご紹介します。

双方の言い分に食い違いがある場合は重要な証拠が決定打となる

これは、私自身が数年前に体験した交通事故の話です。

右折レーンへ移動しようとした際、数台後ろの後続車がセンターラインをオーバーした形で右折レーンに侵入しようとし、私の車に衝突してきました。

明らかに相手側に過失がある事故でしたが、それを加害者側が認めなかったため、双方に大きな食い違いが発生してしまったんです。

そこで決め手となったのは、以下の2つでした。

警察の実況見分調書

そもそも言い分が大きく食い違ったきっかけは、相手側の車が、右折レーンに移動できる距離になってから侵入したと言い張ったからです。

その日は車が渋滞しており、私自身が右折レーンに移動できる場所まで待っている状態でした。

これを考えると、相手の言い分には無理があるのですが、どうしても言い張って聞かなかったんですね。

この事故で私自身が怪我をしてしまったため、後日実況見分が行われましたが、その際に警察立ち会いのもと、相手側の車がどこから移動したのかが明確になりました。

しかし、警察は民事不介入のため、過失割合を決めることができません。

そのため、その後も言い分が食い違う日は続きました。

目撃者の証言

事故が発生した場所のすぐそばには、コンビニエンスストアがありました。

幸い、事故を目撃していた人がいたため、どのような経緯で事故が発生したのかを証言してくれたんですね。

これにより、相手側の態度にも変化が現れ、最終的には謝罪してもらうことができました。

双方の言い分に食い違いを発生させないためにできること

今回の私の交通事故のケースでは、警察の実況見分と目撃者によって真実が明らかになりました。

しかし、すべての交通事故において、必ずしも真実が明確になるわけではありません。

実況見分を行っても明確にならないことがありますし、目撃者がいない交通事故もたくさんあるからです。

そこで学んだのは、双方の言い分に食い違いを発生させないためには、確たる証拠が必要だということ。

つまり、事故の状況を明らかにする映像があれば1番早いのです。

今の時代、多くの車にドライブレコーダーが搭載されています。

自分の車から死角となる場所であったとしても、後続車や周辺の車のドライブレコーダーに、事故の状況が残っている可能性は少なくありません。

事故直後は動転してしまい、頭が真っ白になってしまいがちですが、事故当時の状況を確実に再現するためにも、事故現場周辺の車のドライブレコーダーをチェックできるように、しっかりと連絡先を聞いておくことが大切です。

まとめ

今回は、私が体験した交通事故をもとに双方の言い分が食い違ってしまった場合の対処法をご紹介しました。

交通事故の過失割合によって、賠償額は大きく減額されてしまいます。

不当な過失割合に悩まされないためにも、事故状況をしっかりと把握するための対策を心がけてくださいね。